シンガポールに入国する際にパスポートの残存期間が足りない!

 

シンガポール航空SQ631便で、羽田空港からチャンギ空港に到着しました。

が・・・

シンガポールに入国する際のパスポート残存期間が足りないことに気づきました。。。

正確には、羽田空港で、シンガポール航空のチェックインカウンターで荷物預けと航空券の手続きをしているときに、グランドスタッフの方に言われて初めて気づきました。

 

グランドスタッフ曰く、

「シンガポールに入国する際は、パスポートの残存期間が6か月以上必要です。お客様のパスポート残存期間は、5か月と少しになっております。」

 

私、

「え、マジですか!?シンガポール行けないんですか?」

 

グランドスタッフ、

「うーん、上のものに確認してみます。」

 

 

・・・・・・数分後

 

 

グランドスタッフ、

「シンガポール航空としては、入国できるかどうかはわかりませんが、航空券を発行することはできます。ただし、チャンギ空港で入国拒否されても、シンガポール航空が責任を負いませんという誓約書にサインをしてください。」

 

私、

「わかりました、経験上、入国できる可能性は何%ですか?」

 

グランドスタッフ、

「日本人ですし、残存期間も少し足りないくらいなので、たぶん入国できると思いますが、わかりません。」

 

私、

「わかりました。。。」

 

 

こんなやり取りを交わした後、飛行機に乗ることになったのでした。

 

搭乗手続きまでに、インターネットで、パスポートの残存期間が足りない場合に、シンガポールに入国できるかどうか調べてみました。

 

すると、

シンガポールは、アジアの中でも規制に厳しい国であり、残存期間が足りない場合は、

・強制送還される

・罰金をとられる場合がある

・24時間監禁される

などなど、恐ろしいことばかり書いてあるではないですか!

 

びくびくしながら、飛行機に乗って、そのまま7時間がたってチャンギ空港に到着しました。

 

 

そして、運命の入国審査です。

 

前の方々が、順調に入国審査を突破する中、ついに私の番になりました。

 

 

たんたんと手続きが進みます。

 

 

順調かと思いきや・・・

 

突然、入国審査官が、指で何かを数え始めました。

5つ指で数えたところで、入国審査官が質問をしてきました。

 

私は、

「やべ、パスポートの残存期間足りないのばれた・・・」と心で思い・・・

 

入国審査官、

「日本から来たようだけど、シンガポールに滞在した後は、日本に帰るんだよね?」

 

私、

「はい、1週間後に日本に帰ります。」

 

入国審査官、

「わかった、通っていいよ。」

 

私、

「はい。」

 

あれれ、ばれたけど・・・

 

通れた

 

しかも、ほとんど交渉することなく、無事シンガポールに入国することができました!

 

おそらく、シンガポールに滞在した後、

ちゃんと日本に戻ることが言えたからだと思います。

念のため、帰りのEチケットも用意してました。

 

 

私の飛行機の中でのびくびくは何だったんだろうと思いつつ、一安心したのでした。

 

ただ、入国審査官によっては、厳しい場合もあるようなので、皆さんはしっかりパスポートの残存期間を確認して、旅行に行きましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す