京急線で京急蒲田から羽田空港まで行く方法を教えます

東京近郊在住の方が、

国内旅行や海外旅行の際に利用する空港といえば「羽田空港」ですね。正式名称は「東京国際空港」

私が羽田空港に行く際に、よく利用する交通手段が、京急線です。

京急蒲田を利用しますが、駅が巨大すぎて少々わかりにくいです。何番線を利用すれば、羽田空港に行けるのでしょうか。

出典:京急ホームページ

京急線は、

東京側からだと、「泉岳寺」駅、神奈川側からだと、

「横浜」駅を通って、「三崎口」駅までつながっています。

 

羽田空港に行く際は、京急線のターミナル駅である「京急蒲田」駅を通っていきます。

 

もちろん直通で、羽田空港行の電車もあるのですが、

羽田空港行ではない電車に乗ってしまった場合に、

京急蒲田駅で乗り換える方法をお伝えします。

 

京急蒲田駅の構造

京急蒲田駅は、通称「要塞」と言われるほど、巨大な駅です。

 

 

改札階を1階とすると、

2階が東京方面行と羽田空港方面行のホーム、

3階が横浜方面行と羽田空港方面行のホームになっています。

 

出典:京急ホームページ

 

迷ってしまうのが、2階と3階のどちらにも羽田空港行のホームがあるという点です。

 

京急蒲田駅の構内図を見るとわかりますが、

1番ホーム4番ホームが羽田空港行です。

 

時間帯によって、2階と3階で分かれていればよいのですが、特に分かれていません。

 

よって、2階か3階のどちらに行けばよいかは、

改札口もしくはホームにある時刻表を見る必要があります。

 

時刻表を見ると、次の羽田空港行が何番ホームから発車するのかわかりますし、そのホームが何階にあるかも示してくれています。

 

この時刻表を見て、ホームを確認してうえで羽田空港行に乗車しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。