グーグルアドセンスの審査をクリアする方法

 

ネットビジネスで稼ごうと思っている人は、

まずアフィリエイトに挑戦してみようと思います。

 

アフィリエイト広告のなかでも王道なのが、グーグルアドセンスです。

では、グーグルアドセンスの審査を突破するためには、

何をすればよいのでしょうか?

グーグルアドセンスの審査はかな~り厳格です。

私も何度もグーグルアドセンスの審査にチャレンジしてまして、

 

約10回のチャレンジの末・・・

ようやく審査が通りました。

 

グーグルアドセンスの審査は、

1次審査、2次審査と2回あるのですが、

私はそもそも1次審査で10回落ちました。

 

ちなみに2次審査については一発合格です。

 

このようにグーグルアドセンスの審査をクリアするのは、

並大抵のことではありませんが、10回落ちた私の経験をもとにどのようなホームページを作成すれば審査を突破できるのかご説明いたします。

 

皆さんもこの記事を読んで審査にクリアできると幸いです。

 

グーグルアドセンスの審査とは?

私が、2017年1月にグーグルアドセンスの審査に通ったホームページは、

私が作成した車専門サイト、「車売却、一括査定、車買取で高く売る方法ランキング」です。

 

その記事がこちら・・・

 

 

もともと、車が趣味なので、作ってみたサイトです。

 

私が、このホームページを作成し始めてから、

グーグルアドセンスの審査に通るまでには1か月程度でした。

 

10回程度落ちた割には、比較的スムーズにこのホームページは審査に通ったと思います。

 

 

グーグルアドセンスでアフィリエイトを行うためには、

まずホームページを作成する必要があります。

 

ホームページを作成するまでに準備をすることについてはまた別の記事でご説明します。

ここではグーグルアドセンスの審査に通るためには、

どのような内容のホームページを作成すればよいのかについてご説明します。

 

 

気をつける最重要ポイントは下記の通りです。

  • 記事数は最低15記事以上用意すること
  • 1記事あたりの文字数は1,000文字程度とすること
  • 記事の内容はグーグルアドセンスのポリシーに沿ったものとし、ユーザーにとって有益な内容とすること
  • 画像を適度に使い、デザインもユーザーが見やすいよう工夫すること
  • カテゴリーなどユーザーが見たいジャンル・記事が整理されていること
  • 他のアフィリエイト広告はグーグルアドセンスの審査が通る前には設置しないこと
  • プライバシーポリシーと問い合わせ先を記載すること

これらを守っていればよほどのことがない限り審査をクリアすると思います。

 

ほとんどグーグルアドセンスのヘルプフォーラムに記載されていることですが、

これらをきちんと守らずに審査に申し込んでしまう人が多いがゆえに、グーグルアドセンスの審査が厳しいと言われているのではないでしょうか。

 

記事数は最低15記事以上用意する

これはそのままです。

自分が作成したいと思うホームページのコンテンツにあった記事を15記事以上用意してください。

 

私は車が好きなので、車に関する記事を作成しました。

将来のアフィリエイト収入も考えて、競合は多いですが、市場規模が大きい、中古車売却一括査定に関する記事を中心にホームページを構成しております。

 

ユーザーに役に立つという観点から「中古車を高く売るにはどのようにすればよいのか」「一括査定はどのようなものなのか」という内容を説明しております。

 

 

自分の興味のある内容であれば、15記事くらいは1週間もれば作成できると思います。

まずは興味のある内容から始めてみましょう。

 

1記事あたりの文字数は1,000文字程度とし、ユーザに有益なものとする

記事数は15記事以上といいましたが、

内容の薄いものや文字数が極端に少ないものでは審査は通りません。

 

記事を作成する方法はいろいろありますが、

私の場合、興味のあるコンテンツを絞った後、そのコンテンツをグーグルで検索してみます。

 

そうするとそのコンテンツに関して、

「他の誰かが作成している記事やホームページ」が検索されます。

3つ4つリストアップしてそこからヒント得て、

記事を作成していくと効率よく記事が書けると思います。

 

やってはいけないことはそのままコピーすることです。

あくまでもヒントを得るのであって、記事は自分の言葉で書いてください。そうしないと結局はホームページ作成に行き詰まりますし、自分に力が付きません。

 

1000文字程度の記事をいくつか書いているとコツがつかめると思います。

そうすれば記事がすらすら書けるようになるでしょう。

 

 

もうひとつ。

ユーザーに有益なものになるような記事を書くことです。

 

これが難しいです。

自分が作成したいと思うコンテンツで、他の誰かが記載されているホームページをピックアップしてヒントを得ますが、これらのホームページに記載されていない豆知識を一つでも書けば有益な情報となるでしょう。

もしくはピックアップしたホームページをつなぎ合わせて、一目で様々なことがわかるような記事を書けばそれも有益な情報となるでしょう。

 

グーグルアドセンスのポリシーに沿ったコンテンツにする

基本的には、子供に見せても問題のないコンテンツを意識してホームページを作成しましょう。

 

アダルト関係や麻薬、犯罪関係、反社会関係はNGです。

また個人に関することも避けたほうがよいでしょう。プライバシーに関する記事はNGだからです。

 

画像も注意しましょう。

水着や裸の写真は避けましょう。

 

また著作権に注意しましょう。

グーグルで検索してでてきた画像をそのまま使うのは避けたほうがよいです。

画像には著作権があるからです。検索するとフリーの画像を提供してくれるサイトがあるので、そこから画像をダウンロードし、使用しましょう。

 

他のアフィリエイト広告は載せないこと

グーグルアドセンスの審査が通るまでは、

A8netなどのアフィリエイト広告を載せることはやめましょう。

 

グーグルアドセンスの審査が通る前に、アフィリエイト広告を載せていてもさほどの収入にはならないでしょう。ホームページを作成して1か月程度ではアクセスも多くないからです。

 

グーグルアドセンスの審査が通ってからは好きにアフィリエイト広告を張ることができますので、それからにしましょう。

 

ホームページのデザインと構成

デザインも重要です。

WordPressを使用すればある程度デザインや操作性が整備されたテンプレートがあるので、問題ないと思いますが、常にユーザーにとって見やすい構成になるよう注意をはらいましょう。

 

またプライバシーポリシーお問い合わせ先をホームページのどこかに記載することを忘れないでください。

 

プロフィール項目を作成するのでもいいですし、Wordpressならお問い合わせ項目を設置するプラグインを導入するのでもいいでしょう。

 

 

まとめ

以上のことを意識すれば、グーグルアドセンスの審査をクリアすることができると思います。

 

1次、2次と審査がありますが、1次審査が通ればほとんどの確率で2次審査は通ります。何もしないのも心配だと思うので、1次審査から2次審査の間に記事を1~2つ記載するといいでしょう。

 

またホームページのアクセス数は関係ありません。現に私のホームページも1日10PVなかったと思います。

変にSEO対策をするのではなく、上で説明した内容を守ってホームページを作成し、審査を突破しましょう!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す